採用人数の多い職種

採用人数の多い職種と言えば、コールセンターのテレフォンオペレーターがあります。

採用人数の多い職種

採用人数の多い職種と言えば

★ 33歳 女性
採用人数の多い職種と言えば、コールセンターのテレフォンオペレーターがあります。アウトソーシング事業の所であれば、様々な会社から依頼を受けて、その会社の社員として、カードの本人確認、自動車のロードサービス、保険会社の手続きや、24時間対応の企業の問い合わせなどと言った業務を請け負います。シフト制により、朝、夕方、また深夜などと勤務時間が多様なこの職種は、テレフォンオペレーターの数は多ければ多いほど良いのです。

私自身もコールセンターに勤めた経験があり、その時は大量募集をかけていて、面接も集団で行い、その内容も個々の人を見るよりも、業務説明が主でした。
面接を受けている人のほとんどを採用することを前提としてのことなので、何か不具合がない限り、多くの人がその面接でコールセンターに入社することになりました。
大変な業務ではありますが、電話応対を基本から学び、その後別の会社でも役立てたので、よい経験をしたと思っています。

いま日本の製造業はとても厳しい状況を迎えています

★ 47歳 男性
いま日本の製造業はとても厳しい状況を迎えています。製造業の人員削減の話題をニュースなどで見る機会が多くなりました。
そんな中でもスーパーやコンビニ、ショッピングセンターなどのサービス業に関してはまだまだ求人が伸びていく可能性があります。会社の残業時間や休日出勤といった時間が少なくなり、家族でショッピングに出かける機会が増えたりします。ショッピングセンターでは人がいなければサービスできません。また専門店も多く入っており、そこで働く人の求人数も増えてきます。
また現代はネットショッピングも当たり前の時代になってきました。
大手ネット通販会社は巨大な倉庫を持ち、その倉庫に商品を保管しておきます。注文が入るとその倉庫から商品を取り出してきて発送するという手順になります。ですからここでも人の手が必要になってきます。また大手ネットショップは年中無休で24時間注文を受け付けていますので、当然必要な人数も多くいることになります。この業種も採用人数の多い職種といえます。
ただこれらの職種はパートやアルバイトの募集が多いのが特徴です。
正規の社員での募集は限られてきますのでいくら採用人数が多いといってもそのあたりを考えていかなくてはならないのではないでしょうか。

Copyright (C)2016採用人数の多い職種.All rights reserved.